福岡で転職すると決めた亀のペットと挑戦する奮闘記

( 更新日:2018/09/25)

★転職を後悔しないために前もって理解しておきたいこと★

2018.2.19

後悔する転職者

キャリアアップを求めて転職する人は多いですが、失敗して後悔している人もまた多いようです。前の職場のほうが良かったと感じたときはもう毎日が後悔の連続となってしまいます。そうならないために転職を検討する場合は、本当に今の職場ではダメなのか、次の職場は本当に自分が求める環境なのかをしっかりと考えましょう。まず、後悔する理由の多くは、転職活動で自分が希望する仕事をちゃんと固めていなかったせいで、なんとなく転職して後悔してしまうことです。本当に自分が求める仕事でないと、また転職してしまうリスクが高くなってしまいます。自己分析を事前に行い自分がやりたいことを明確化すること、待遇や条件で選ばないこと、そして、内定を貰ったからと言って安易に決めてしまわないことです。ただし、どんなに自分が用意をしていても入社してからのギャップに苦しむリスクは転職では高くなってしまいます。それが組織の問題です。予想以上に残業や休日出勤が多かったりするのも、入社して働いてみないと分からないものです。また、中小規模の会社であれば経営者によるワンマン体制も珍しいものではありません。このような情報は求人票では判断できないので、インターネット上の掲示板などで確認してみると良いでしょう。さらに、ブラック企業などでは求人票の内容と話が全然違うという場合もあります。この場合は、内定が出てから労働条件通知書を貰い、求人内容と同じか確認しておくことが重要です。もし、内容に相違があった場合は、入社しても良いことはないので内定を辞退して転職活動を再開したほうがおすすめです。求人票や面接での話と労働条件通知書に相違がある場合は、内定を辞退してもルール違反ではないので安心してください。転職活動は失敗するリスクもあるということを忘れずに、慎重に行うことが成功への近道となります。

★福岡で転職したいなら知っておきたいベストなタイミング!★

2017.9.11

転職のベストなタイミング

転職を考えたとき、今の仕事の状況はもちろんですが、いざ転職したときの先の状況などを考えると、いつ動いたらいいかを迷ってしまいます。また、求人状況は時期やタイミングがあるため、時期によっては不利になるのではないかと考えるかもしれません。また、求人状況は地域によっても様々な特徴がありそです。例えば福岡でいえば、職種によって福岡に多い求人と少ない求人があるでしょう。転職を考えている方はまずは、転職に最適な時期はいつなのかを見極めることが大切となりますので、ここでは押さえておきたいポイントをご紹介します。転職活動の成功への第一歩は、転職する最適な時期を把握しておくことです。一般的に、年間を通じて見ると最も転職希望者が多いのは2月、次いで、10月、6月、9月、1月が新規求人が多く出てきているようです。なぜかというと、その時期は年度切り替えの企業が多いため、退職者の補充や新規事業のスタートに伴う中途採用ニーズが高まりやすい傾向となります。9月、10月の転職希望者は1月入社希望、また1月、2月の転職希望者は4月入社を希望している方のようです。6月の転職希望者と1月の転職希望者の方はボーナスをもらってから転職をしようと考えている人達か、ボーナスが出なかったり、ボーナスに不満があり転職活動を開始した人達といえるでしょう。4月入社した方がすぐ辞めてしまうこともあるので、5月に欠員を募集する企業が多く見られますので5月も穴場で、意外といい求人が出てる可能性があります。さらに、盆、正月は長期休暇があるのでその時期は転職活動をする方が少ない傾向にありますので、求人数というより、応募数が少ないという点で狙い目の月と言えます。しかし、このような全体的な傾向はあくまで参考にしかすぎません。業界や職種によって転職に最適な時期は違ってくるので、全体的な傾向に流されて転職に踏み切るのではなく、ご自身の希望職種に応じた最適な転職時期をつかむこと、さらにご自身の転職のタイミングをよく見極めることが大切です。転職に有利な時期は一人ひとり違いますが転職時期を決めるポイントはありますので参考にするといいでしょう。

ポイント1:勤続年数

万が一短期間で転職を繰り返しているのであれば、応募先の採用選考でかなり不利になる可能性があります。最低でも2年間は在職してから転職活動をすると印象はずいぶん違うでしょう。

ポイント2:年齢

未経験職種にチャレンジする場合、年齢によっては応募先から受け入れもらえない可能性があります。職種によって、難しくなる年齢は異なりますが年齢制限を設けてある求人は多いので、その年齢に近いようであればま早めに動いたほうがいいでしょう。

ポイント3:退職するタイミング

現在勤めている職場の退職金支給規定の勤続年数をクリアする時期や、自己都合退職をした場合の失業手当給付期間から見た勤続年数条件など、時期を間違うと損をすることもありますので事前に調べておいたほうがいいでしょう。

★福岡でも要注意!ブラック企業に転職しないための対策!★

2017.8.18

ブラック企業

福岡は、大企業の支社や国内外で活躍する企業の本社など多くの会社が集まっています。したがって、選択肢が多く転職も比較的容易な地域であります。転職は、自分が求める職場や待遇、キャリアアップなど様々な理想を実現することが可能です。以前は終身雇用制度から転職をする人は少数でしたが、終身雇用制度崩壊の今は転職市場が盛り上がりを見せています。ただし、転職活動は絶対に成功するかと言えばそうとは言い切れません。なかには転職したことを後悔してしまう人もいます。多いのがブラック企業へ転職してしまうパターンです。ブラック企業は、劣悪な労働環境のなか社員は長時間労働やパワハラ、低賃金など強いられており近年は社会問題となっています。政府は積極的にブラック企業を公表しており、なかには大企業も含まれています。それでもまだまだ隠れブラック企業は多く存在していると言われており、自分でブラック企業に転職しないよう企業をしっかりと見極めるしか方法はありません。では、ブラック企業の見極め方ですが、離職率が低い場合は要注意です。社員の離職が激しい会社は問題ある証拠です。離職率を調べる方法としては株式投資で有名な企業情報が公開されている四季報を参考にすると良いでしょう。仮に離職率が非公開になっている場合は要注意です。次に勤務時間が異常に長いブラック企業を見極めるのは困難です。求人票には1日8時間労働など適正な労働時間でしか記載していないからです。この場合は、ネットで企業の評判を調べたり、転職会社を利用している人はコンサルタントに詳しく確認して見極めましょう。また、年間を通してずっと求人を募集している企業もそれだけ入れ代わりが激しいため、入社してもすぐ辞めてしまう社員が多いということです。他にも、精神論を強調し過ぎる企業は無理強いされるリスクがあるので注意が必要です。以上のように、ブラック企業はどこかに問題を抱えており、求人や会社情報から異変を察知することが可能です。アンテナを張って正しい情報を基に企業を評価し転職を失敗しないよう活動していきましょう。

★福岡で転職をするためのコツを伝授!転職成功者から学ぶ!★

2017.7.11

福岡で転職をするためのコツ

福岡は今最も注目されていますが、社会人でもIターンやUターンで福岡に転職する人が増えています。福岡は転職先としては問題ないほど、大手の支社や本社が集結しています。しかし、転職は新卒採用と異なり採用枠は1名か2名と限られているので、人気の高い求人になると内定をもらえる確率も低くなってしまいます。そこで今回は福岡で転職を成功させている人のパターンを紹介していきたいと思います。まず、転職活動は退職する前に行いましょう。これは、仕事を続けておけば例え転職に失敗しても職を失うリスクもないので、精神的にも余裕が持てます。また、無職になれば失業手当が貰えるという声もありますが、自己都合の退職の場合は3カ月間しか受け取ることができないので注意が必要です。収入が途絶えれば余裕もなくなり、妥協して転職してしまうことも考えられます。また、成功する人は退職する理由が明確となっています。退職理由が明確ということは、次の職場では前職のような環境や待遇を回避する基準が明確になっています。基準や条件が明確であれば転職の際も求人の見極めが容易となり、転職を成功させている人が多いようです。また、そのために求める条件の優先順位をはっきりさせておきましょう。全ての条件を満たす求人は、大都市の福岡でもなかなかありません。希望する条件に優先順位を付けておけば、取捨選択が容易となります。また、本命の企業がある人こそ転職の場合でも複数社に応募します。これは、他の会社を受けておくことで面接試験に慣れておき、より本命企業は自然体で臨めるようにするためです。とは言っても、福岡でも書類選考、一次面接に通過できる確率はそれぞれ25%程度と言われています。多くの企業に応募しておいて内定が貰える確率を増やしておくことが賢明でしょう。最後に、福岡で職探しを行う場合は転職支援サイトに登録すると思いますが、内定をもらっていく人は複数のサイトに登録しています。これは、各転職支援サイトでは独自の非公開求人を取り扱っており、会員登録しないと閲覧できないシステムとなっています。好条件の案件に1つでも多く出会うために複数のサイトを活用するようにしましょう。

★転職先で人気の福岡って意外に国際都市!?全国No.1がいっぱい!★

2017.6.22

福岡で転職

最近、福岡がメディアでも大きく注目されており移住者が非常に増えています。都会と自然がバランス良く調和した福岡は永住地として非常におすすめです。住むとなれば重要なのは転職状況や仕事内容だと思いますが、福岡はアジア地域と距離が近いため、国際都市としても発展してきました。転職先でも外資系が見つかるほど、外資が日本でビジネス始める際のスタートエリアとして選べる傾向にあります。国際色豊かでありながら海外へのアクセスの良さも評価されています。事実、国際空港から都心までのアクセス時間はアジア13都市の中で第1位です。空港から天神や博多まで地下鉄一本の利便性の良さは海外だけでなく日本でも評価が高く、福岡・羽田間の便の多さも相まって、東京の支社が多く設けられています。したがって、雇用も多く転職でも他地域より恵まれていると言って良いでしょう。また、港と言えば横浜や神戸を想像しがちですが、福岡は港別外国航路乗降人口数で全国第1位です。2位の長崎の2倍の数字を誇る圧倒的な多さを誇っています(平成27年)。福岡は、韓国の釜山と定期便を設けているのもこの数字を後押していますが、東アジアのアクセスの良さが地理的有利となって発展しています。しかも、クルーズ船寄港回数でも全国第1位となっており、観光地としての地位を確立しています。海外からの集客力のある福岡では観光業で転職を考えている人にも朗報です。さらに、国際会議の開催数も政令市の中で第1位になっており東京23区(特別区)に次ぐ第2位となっています。福岡には大規模な国際会議場施設があり、経済も活発な福岡だから多くの集客効果が見込まれると評価されています。以上のことから、外国人でも住みやすい街として人気があり、日本人だけでなく外国人がからも人気があります。実際、在留外国人の伸び率では第1位の25.3%を誇っています。以上を見てみると福岡はITやクリエイティブ系の会社が注目されがちですが、観光や外資への転職も十分期待できます。職場も幅広い業過から選べる選択肢の多さも福岡が転職として移住するのに人気の1つとなっています。福岡が人気が高いのも理解できるような気がします。

★福岡で人気の転職先とは!?地元が誇る有名企業を紹介!★

2017.5.30

福岡

日本にある大企業はごくわずかであり、9割以上は中小企業となっています。有名企業につい目がいきがちですが、中小企業が日本経済を下支えしていると言っても過言ではありません。大手が生き残っていくためにも必要不可欠な技術やノウハウを持つ中小企業は多く、遣り甲斐だけでなく高度なスキルを習得することだって可能です。福岡は政令指定都市で九州第一の都市を誇っています。したがって、大企業は他県に比べて多く、日本を代表する有名企業が創業地だったりします。したがって、福岡で転職する際も十分にステップアップすることは可能です。まず、誰もが知る代表的な企業としてはトイレで有名なTOTOです。トイレなど衛生機器のシェアは6割を超えるNo.1企業です。初めてウォシュレットを開発した企業としても有名です。労働環境も良く、福岡が世界に誇れる企業であるため転職先として高い人気を誇ります。現在は本社機能を東京に移したものの創業地として世界的な企業としては、ブリジストンやソフトバンクもあります。モノづくりの強い福岡を表していますね。次に創業地でありませんが、福岡に本社を移転したことで話題になったケンコーコムと呼ばれるネット通販に強い美容・健康商品を扱う会社です。楽天24と提携し、福岡に留まらず全国から多くの消費者を獲得する優良企業です。また、ドラゴンクエストや妖怪ウォッチで有名なゲーム開発会社のレベルファイブもここ福岡に本社を構えています。世界的な有名なゲームを開発するだけあって技術力や企画力もトップレベル。転職で入社すればキャリアアップ間違いなしです。これらはITやクリエイティブ企業が福岡に進出し非常に活気がある昨今の状況を反映してます。他にも、地図で有名なゼンリン、浄水器市場で他をリードするタカギなど全国的に有名な企業がたくさんあります。したがって、福岡は東京からUターンやIターンでも、転職によりキャリアアップが図れる地域となっています。東京のように物価が高くなく、喧騒とした雰囲気がない福岡で世界と戦う企業に転職し、もう一度上を目指してみませんか?

★転入超過の福岡で転職するならネットワーク豊富なアソウで決まり!★

2017.2.10

アソウ・ヒューマニーセンター

福岡で転職する人が増えているのをご存知でしょうか。地理的に東アジアに近いこともあり外国人が多く国際色豊かなうえ、本州へのアクセスも容易なことから九州では1番の経済規模を誇っています。地方は、転出が相次いでいるものの福岡市は転入者が転出者を上回る「転入超過」が8800名と、東京、大阪に次ぐ第3位の人気となっています。特に福岡は、県内に多くの大学や専門学校があるため、若い世代の流入が多いのが特徴です。また、近年はLINEをはじめとするIT系やクリエイティブ系の企業進出が積極なため、若い人材が転職などで集まる傾向にあります。なぜ、福岡は若い世代の転職市場が活発化というと、教育機関が多く、若い世代がもともと多いことで人材発掘が企業にとって容易なこと。次に、レベルファイブやヌーラボといった福岡を拠点とする企業が知名度を上げ、スタートアップ地として物価水準が東京よりも安い理由などがあります。そのため、福岡で転職する人を対象に企業も積極的に採用活動を行っているので、九州を候補に入れることでより条件の良い職種に出会えるかもしれません。もともと地元が福岡や九州といったUターンはもちろん、Iターンの人にも福岡はおすすめです。東京に比べて生活費が安いうえに治安も良くて料理も美味しいと評判です。そんな福岡で転職するなら、地域密着型のアソウ・ヒューマニーセンターが最適です。というのも九州は土地柄的に横の繋がりを重視する傾向があるため、福岡を拠点とする麻生グループの人材会社なら他社では扱っていない求人をたくさん有しています。もちろん、福岡で転職するのが初めての人でも、地元を知り尽くした専任コンサルタントがお仕事探しから内定に至るまでしっかりとサポートしてくれるので生活から仕事に関する悩みや相談まで全て解決してくれます。まずは無料の会員登録を行い非公開求人を閲覧することから始めてみると良いでしょう。

福岡で転職すると決めた亀のペットと挑戦する奮闘記

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) 福岡で転職すると決めた亀のペットと挑戦する奮闘記 All Rights Reserved.